今朝の気温-1℃。
弊社前のアーモンド畑は霜が降りて、太陽の光でキラキラ
畑周辺を散策していると梅が開花していたり、よもぎを見つけたり。。
寒くても、春は訪れています。
※アーモンドの花はまだ確認できず・・・・

 

原料は外国産の黒ごま(日本食品機能分析研究所試験結果276項目において農薬不検出の原料)を使用。
薪を焚いて、釜煎りした圧搾法一番搾りです。精製は手漉き和紙でろ過するだけ、添加物や化学薬品、またカセイソーダも一切使用していません。

※薬品等による消泡処理を行っていません、揚げ物にご使用の際は泡立つ場合があります。
初回は深い鍋に少量で、低めの温度でご使用ください。

↓鹿北製油オンラインショップへ移動します↓
【圧搾法一番搾り 黒ごま油】650g

先週から、国産なたね油(黄金油)の製造してます。
数日間、静置(不純物を沈殿させる為)させていた油を
ティスティング・香り・色等さらにチェックし、
今日はいよいよ手漉き和紙で、ろ過の作業開始です。


なたね油が和紙を通り、ゆっくりと流れてきます。
美しい黄金色のなたね油となりました。。。。
(弊社では添加物や化学薬品等は一切使用していません)
次回は、いよいよ瓶詰め作業です。

今日は長靴履いて、一輪車とショベルを持ってアーモンド農場へGO!
2920本のアーモンドへ有機肥料を与えてゆきます。
「元気で、健康的な樹になってくださぁ-い」と気持ちをこめながら。。。。


すでに身体が筋肉痛です。。。。。

今週は、国産なたね(北海道産 非遺伝子組み換え 農薬不使用)原料で【黄金油】を製造しています。 


薪火で【なたね】を焙煎。


圧搾機で搾油。その後、数日間かけ静置し不純物など沈殿させます。
※(静置沈殿後の作業内容は、次回のブログにて投稿します)


粉砕した【なたね油粕】は商品として袋詰め。
圧搾一番搾り【なたね油粕】は多くの油分が残り、園芸用として効き目が長い間持続します。
また、添加物・化学薬品・ノルマルヘキサンを使用していないので、健康な土作りの有機肥料として有効です。弊社ではカセイソーダ さえも使用していない為、植物の根を傷つけにくく、また家畜の飼料用としても健康によいとされています。


 【圧搾一番搾りなたね油粕】
↑クリックするとオンラインショップへ移動します↑